建設業許可の取得と公的融資の受け方の情報がココにあります。

建設業許可
      建設業許可と融資の関係       建設業許可の取り方       公的融資の受け方
      許可の取得、融資支援のサービス       各種ローン(民間)の比較       行政書士の先生方へ

HOME公的融資の受け方 > 公的融資って何ですか?
   公的融資って何ですか?
公的融資とは?
許可の取得、融資支援のサービス
許可の取得、融資支援のサービス 建設業許可取得の代行サービス(全国対応)
許可の取得、融資支援のサービス 融資申請の支援サービス
許可の取得、融資支援のサービス 建設業許可取得+融資申請支援パック
許可の取得、融資支援のサービス 建設業許可取得+会社設立+融資申請支援パック
許可の取得、融資支援のサービス 有料相談サービス
公的融資というのは、政府系金融機関が行なう融資のことを指します。

主だったものには国民生活金融公庫が挙げられます。
国民生活金融公庫は通称「国金」などとも呼ばれますが、国が100%出資の金融機関です。つまり、私たちの税金を原資として運営されている金融機関です。

ですから国民生活金融公庫は「政策」を反映した融資を行ないます。
民間の金融機関(銀行等)は自社の利益のために動きますので、経営が厳しい会社には出来るだけ融資をしない方針です。

しかし、国民生活金融公庫などの政府系金融機関は、社会的事情により経営が厳しくなった業界(たとえば原油高騰で経営が厳しくなる運送業など)の会社に対しても融資を行ないます。

また、民間の金融機関が積極的に相手にしないような小規模な企業(零細企業や個人事業主)に対しても積極的に融資を行ないます。

創業前後の事業主に対しても民間の金融機関は相手にしませんが、国民生活金融公庫などは積極的に融資を行ないます。

それは、「起業を促進して経済を活性化させたい」という政策があるからです。しかも、「長期」「低金利」という非常に有利な条件で貸付を行なってくれます。
長期プライムレートという民間金融機関が優良大企業に貸し出すのと同程度の金利で国民生活金融公庫は融資を行ないます。
さらには国民生活金融公庫には創業前後の人向けに無担保・無保証人でも融資を行なう『新創業融資制度』という制度を用意してくれています。

しかし、こうした「公的融資」の存在を知らなかったり、知っていたとしても自分は借りられる筈もないと思い込んで活用しない方も多くいらっしゃいます。
もちろん、融資を申し込んだからといって全ての人が審査を通る訳ではありません。

しかし、私の経験から言えば建設業許可を取得しようと考えている人は、融資を受けられる要件をかなりの割合で満たしています。
ですから、建設業許可の取得を考えている方は是非、この公的融資の概要をよく把握して検討してみてください。


無担保・無保証人で1000万円までの融資が受けられる『新創業融資制度』についてはコチラのページに概要をまとめております。

私の事務所でも、数多くの融資申請を支援させていただき、多くの創業者の方が無担保・無保証人で数百万円の融資を受けて事業をスタートさせていますので。
丸山行政書士事務所の融資支援・建設業許可取得のサービス一覧 当事務所の融資支援・建設業許可取得のサービス一覧

▲ このページのトップへ

建設業許可の取得+公的融資の受け方

Copyright(C)2008 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.