建設業許可の取得と公的融資の受け方の情報がココにあります。

建設業許可
      建設業許可と融資の関係       建設業許可の取り方       公的融資の受け方
      許可の取得、融資支援のサービス       各種ローン(民間)の比較       行政書士の先生方へ
お問合せ
 HPお申込みフォーム
        (受付:24時間)
 電話 04-2936-9456
  (受付:平日10:00〜18:00)


  行政書士 川上俊明

1974年、北海道生まれ。
行政書士、起業・再生コンサルタント。

資金調達、リスケジュール、会社設立、増資等の各種手続きに精通する企業法務の専門家。

特に金融機関に対して提出する書類(事業計画、再建計画、リスケ申込書類)の完成度は高く、銀行担当者にも「ここまでの書類は見たことがないですね」と、言わしめることが多い。

起業家、経営者に対して親身に成功を支援することをモットーにしリスケの申込み時なども出来る限りその交渉に同行し再建計画の説明を行うなど実務面だけでなく精神面からもサポートを行なう。

HOME許可の取得、融資支援のサービス > 建設業許可取得+融資申請支援パック
建設業許可取得+融資申請支援パック (全国対応)
〜融資申請に精通した当事務所が、建設業許可取得代行とともに資金調達も応援させていただくプランです〜
建設業許可取得+融資申請支援パックの概要へ 概要をスグ見る  
建設業許可取得+融資申請支援パック 建設業許可取得時がいちばん融資を受けやすい!
 「こんな事になるなら・・・
 建設業許可と同時に融資を受けておけば良かった!」
創業から1期1期以上経過した社長さんからよく聞かれる言葉です。
実際、現在の融資制度では実績がまだ何も出来ていない創業時(つまり、建設業許可取得時)こそがいちばん融資を受けやすくなっています。
しかし、そのような事実は初めて起業される方にとっては、なかなか知るよしもないのが実情です。
そのため建設業でも他の業種でも起業家は、
融資申請の支援サービス 資金は多くあった方がいいけれど、
実績が無いうちはどこも貸してくれないだろうなあ・・・。
建設業許可取得+融資申請支援パック
融資申請の支援サービス 2期くらい経営して初めて銀行も相手にしてくれるって聞くし・・・。
融資申請の支援サービス 1、2年頑張ってからお金が足りなくなったら融資を考えればいいかあ・・・。
 
と、考えているようです。
ところが・・・
 2期も経過してしまうと、なかなか融資は受けづらい!
という事に後になって気付くのです。
そして、冒頭の台詞「こんな事になるなら・・・あのとき融資を受けておけば良かった!」という羽目に陥るのです。
いえ、正確には2期経過しても決算書が立派、
建設業許可取得+融資申請支援パック きちんと利益が出ている。
建設業許可取得+融資申請支援パック 債務超過になっていない。
建設業許可取得+融資申請支援パック 未払い金が多くなっていない。
建設業許可取得+融資申請支援パック 苦し紛れに高利のお金を借りていない等々・・・
であれば、銀行からでも国民生活金融公庫からでも融資は受けやすくなります。
しかし、現実的には会社を立ち上げて1〜2年というのは、売上も不安定、初期投資も増えるということで、思うように利益が出ないのが実情です。
その時になって金融機関を訪れても(だいたいが1〜2期が苦しいので融資のお願いに行くのです)、決算書を見た段階で『足きり』になってしまい、審査まで行かなくなってしまうのです。

普通に考えれば、実績が何も無い創業時の方が、お金が借りずらい気がしますが、意外にも「実績がない」からこそ融資を受けやすいのです。
もちろん銀行のプロパー融資は創業時では難しいですが、国民生活金融公庫であれば「実績が無くても」「実績がないからこそ」融資を受けやすいのです。
実績(決算)が出てしまうと、金融機関の方も貸したくてもその実績を無視する訳には行かず、結局、貸せない。という結論になることが多いのです。
特に国民生活金融公庫の場合は政府の100%出資の金融機関のため、政策を反映します。
現在は国の政策としても起業を支援する方向ですので、実績のまだない創業者に対して一定の要件、審査さえクリアすれば積極的に融資を行ないます。
建設業許可取得+融資申請支援パック 「実績」が「信用」になる!
年間100件以上の会社設立を行なう当事務所の経験からも、創業当初はみなさん「思ったように事が運ばない」「急なアクシデントでお金が足りなくなる」という問題に悩まされます。建設業許可取得+融資申請支援パック

そのときに、お金が尽きれば事業は終わりです。
お金が無くなってくると社長というのは冷静な経営判断を下すことも難しくなってきます。
また、お金が無いという状態は経営の選択肢も著しくしぼられることになります。

今、絶対にお金が必要でなかったとしても会社の預金残高に余裕があることが経営を良い方向に向かわせるのです。

また、創業時に融資を受けておき、それを遅滞なく返済しておくことが金融機関への「実績」になります。
その実績が、いざ、経営を拡大して勝負しようというときに「信用」となり、さらに金融機関から迅速に融資を受けられる要因にもなります。
様々な理由で、いちばん借りやすい創業時(建設業許可取得時)にこそ融資を受けておく重要性をご理解いただけましたでしょうか?
建設業許可取得+融資申請支援パック
「軌道にのってから資金調達を考える」のではなく、

「軌道にのせるために資金調達をする」という

長期的な視点を持つようにしましょう。
建設業許可取得+融資申請支援パック 無担保・無保証人で自己資金の2倍の額まで融資を受けられます!
 ところで、創業時(建設業許可取得時)に
   どれくらいの額を借入れできるものでしょうか?
実はこの額は人によって大きく異なります。
建設業許可取得+融資申請支援パック どれだけ信用力のある保証人や価値の高い担保を提供できるか?
建設業許可取得+融資申請支援パック あるいは事業経験が豊富か?
建設業許可取得+融資申請支援パック 説得力のある事業計画があるか?
そういった事によっても融資できる額は異なってくるのです。

しかし、国民生活金融公庫には創業時に融資を受けようという人にとって嬉しい制度があります。
それが、『新創業融資制度』です。
この制度を利用すれば、無担保・無保証人で融資が受けられてしまいます。
しかも、この無保証人というのは社長(創業者)自身も保証人にならなくて良いという凄く有難い制度です。
政策の後押しがなければ、とても実現しないような制度ですね。

当面、平成20年の3月までの制度として予算が付いています。
詳しく書くと長くなりますが、政策として予算が付いてやっているものですから出来るだけ早めに申請した方がよいでしょう。
さて、この無担保・無保証人でいくらまで融資を受けられるのかといいますと、『1000万円』です!
これ、凄いことですよね。
無担保・無保証人で1000万円の事業資金の融資を受けられてしまうのですから。
但し、誰でも彼でも1000万円を借りられる訳ではありません。いくつかの要件と審査があります。
その要件の中でも、絶対にこれだけは必要というのが『自己資金』です。自己資金というのは新設の会社でいえば資本金ということになります。
建設業許可取得+融資申請支援パック 例えば
300万円の自己資金があれば、600万円まで無担保・無保証人で融資を受けられる可能性があります。
※ もちろん自己資金以外にも様々な要件があり、かつ、事業計画や面談での受け答えが適切である必要はあります。
建設業許可取得+融資申請支援パック
新創業融資制度を利用すれば、

無担保・無保証人で「自己資金」の2倍の額まで

借りられるということです。 (但し、上限は1000万円)
※ なお、この「建設業許可取得+融資申請支援パック」は、担保や保証人をつける通常の融資申請の場合にも、ご利用いただけます。
建設業許可取得+融資申請支援パック 専門家の力を上手に活用する!
建設業許可取得+融資申請支援パック
  【特典】建設業許可取得+融資申請支援パックでは、通常着手金36,750円が半額
  18,375円になります


建設業許可取得の代行の料金  建設業許可取得の代行便利パックの詳細 建設業許可取得の詳細  
フルサポート 10万円・税別   
便利パック 6万円・税別
※都合により、現在、建設業許可便利パックは、休止しております

■融資希望額1500万円以下  融資申請の支援サービスの詳細 融資申請の支援サービスの詳細
着手金 17,500円・税別 (通常着手金35,000円が半額に!)  
成功報酬
(税別)
3.5%(担保なし、第三者保証人なしの場合)

2.5%(担保または第三者保証人ありの場合)

■融資希望額1501万円〜9999万円
着手金 17,500円・税別 (通常着手金35,000円が半額に!)  
成功報酬
(税別)
50万円(担保なし、第三者保証人なしの場合)

40万円 (担保または第三者保証人ありの場合)

■融資額1億円以上
着手金 17,500円・税別 (通常着手金35,000円が半額に!)  
成功報酬
(税別)
200万円 (担保なし、第三者保証人なしの場合)

180万円 (担保または第三者保証人ありの場合)

◇ 建設業許可取得には別途実費が必要です(知事許可で9万円)
◇ 実費費用は、専門家に依頼せず、ご自身で手続きされた時にも必ずかかる費用です。

※ 注意点
融資申請サポートに際して、依頼者様の個人で使われている通帳の中身(コピー)を拝見させて頂くことになります。これは、必ず金融機関でも同様に通帳の持参を求められることから、予め私どもでもその内容を把握し、融資実行の可能性を判断し、かつ適切なコンサルティングをさせて頂くためです。出来る限り、最良の結果をもたらしたいと考えてのことですので、どうぞ予めご理解を頂きたいと思います。

  お電話でのお申込み・お問合せ
TEL 04-2936-9456
(平日 10:00〜18:00)
  フォームでのお申込み
お申込みフォームはこちら
(24時間受付可能)
もし、建設業許可と資金調達をお考えであれば

専門家である当事務所のサービス

『建設業許可取得+融資申請支援パック』を

是非、ご活用ください。

当事務所は年間100件以上の会社設立実績を持ち、かつ、
融資申請についても豊富な経験を有しています。
▲ このページのトップへ

建設業許可の取得+公的融資の受け方

Copyright(C)2008 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.